■ リサイクル
家電リサイクル法対象電化製品の処分
家電リサイクル法とは、一般家庭や事業所から出された家電製品の有用な材料をリサイクルして、廃棄物の減量と資源の有効利用を推進することを目的とした法律で、平成13年4月1日に施行されました。
家庭用パソコンの処分
家庭で不用になったパソコン(本体・ディスプレイ)は、パソコンのメーカーによる回収、再資源化が法律(資源有効利用促進法)により義務付けられています。
オートバイ(自動二輪車、原動機付自転車)の処分
国内メーカー等16社が国内で販売したオートバイ(自動二輪車、原動付自転車)は、二輪車リサイクルシステムで処分できます。
消火器の処分
使用期限をむかえた古い消火器等を安全に回収・廃棄するリサイクルシステムの運用が平成22年より開始されています。